天然芝が主役のメインガーデン&目隠しフェンス新設 岡山市東区Y様

別棟の新築住宅にて、お子様が里帰りした際にも
三世代が憩える環境づくりとして、
眺めてよし!遊んでよし!の
天然芝が主役のメインガーデンを施工しました。

 Before 
 After 

主庭は、青々とした緑が美しい天然芝をメインに、
園路は平板敷きで舗装。
眺めるだけでも気持ちいい芝生の庭は、
優しい踏み心地で子供達の遊び場としても大活躍です!

 芝張り

まずは芝生に適した土壌になるよう、
真砂土にバーク堆肥を混入して良質な下地作りを行います。
コウライシバ(高麗芝)をベタ張りで並べていきます。

ベタ張りはその名の通り
芝生を隙間なく地面に並べていく張り方で、
隙間がないため雑草の処理に悩まされにくく、
成長を待たずとも、すぐに美しい芝生のお庭を楽しめます。

芝生を全面に敷き詰めたら、目土を入れていきます。
せっかくの芝生が・・・と思われるかもしれませんが、
目土で苗の新芽や茎を覆うことで適度な温度と水分を供給。
根の乾燥を防ぎ、苗が根付きやすくなります。

芝張り直後は土に根が張っておらず、
自分で水を吸い上げる事ができないため、
根にしっかり水を届けられるようにたっぷりと水やりをします。

芝張り後、しばらくはこまめな水やりが必要となる為、
Y様邸では水やりの手間を軽減できるよう
カクダイ万能スプリンクラーを設置しました。

芝生の経過

 施工後約1週間 
 施工後約4ヶ月(一度芝刈り済) 

芝生が根付くまでの期間は、暖かい時期で約2週間。
秋などの涼しい時期だと1か月程度と言われています。

【芝生が根付いたサイン】
●葉を手で引っ張っても簡単に剥れない
●全面的に緑色の状態になっている
●長さが5cmを超えている

この3つのポイントをクリアしているようであれば、
芝生が根付いた状態であると言えるので、
この状態まで成長したら芝刈りをしてもよい時期となります。

園路は、東洋工業ファンダペイブで舗装。
ファンダペイブは、他の透水平板と比べてリーズナブルで、
モダン住宅に調和する使い勝手の良い舗装材です。

Y様邸では、建物裏側に設置したテラス下の舗装にも使用しており、
同じ製品を使用することで統一感を持たせました。
>>Y様邸 テラス新設の施工事例を見る

 目隠しフェンス

 Before 
 After 

隣家との敷地境界に設置した目かくしフェンスには、
エクシスランドEウッドスタイルを採用。
落ち着いた雰囲気を演出できる木目調の人工木フェンスで、
外からの視線をしっかりとカットしてくれます。

Eウッドスタイルフェンスについては、
以下の記事で詳しくご紹介していますので
気になる方はこちらをご覧下さい。
>>Eウッドスタイルフェンスについて詳しく見る


Y様邸では、小さなお子様の遊び場としても
メインガーデンを活用したいという事で、
表面温度が高温になりにくい天然芝を採用し、施工しました。

芝生のお庭を検討される際、
天然芝か人工芝、どちらにするか悩む方も多くいらっしゃるかと思います。

天然芝と人工芝にはそれぞれ長所・短所がありますので
どちらにするか悩まれているという方は、
以下の記事も是非お読みいただき、
「天然芝」と「人工芝」それぞれの特徴や違い、
メリット・デメリットなどを知ったうえで決めていただければと思います。
>>「天然芝」と「人工芝」あなたはどっち派!?

 Y様邸 テラス新設の施工事例

関連記事

  1. 前面、側面パネルが付いたアルミR形テラス
  2. 樹木とバラで飾る 賑やかローズガーデン

 



お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
 


 

エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. カーボンプラスター
  2. ノンアススレート
  3. ガラ袋
  4. CLモルタル・マーブル
  5. トンボ

PAGE TOP