補助手すり付き階段アプローチと境界フェンスで安全性に配慮したお庭 赤磐市K様

建物と道路の高低差があるK様邸。
アプローチの階段は経年劣化による石の剥がれや
浮きがあり、ブロック塀も傾きや隙間のある
危険な状態だった為、安全に過ごせるお庭にしたいと
ガーデンリフォームのご依頼いただきました。

階段リフォーム&歩行者用補助手すり設置

歩行者用補助手すり

 Before 
 After 

階段で転倒すると、骨折などの大怪我に
つながりやすく、ご年配の方の場合は
寝たきりになるきっかけにもなりかねません。
その為、既存の石貼りは全て撤去し
シンプルにコンクリート+モルタルで仕上げました。
今回の選択肢の中では、最もローコストで改修できる仕上げ方です。

また、より安全に階段を上り下りして頂けるよう、
歩行者用補助手すりの設置もご提案させて頂き、
三協アルミのエトランポU1型を設置しました。
エトランポUはシンプルなデザインの、
アルミ形材タイプの手摺りです。

今回、笠木はアルミ形材をお選び頂きましたが、
天然木のような優しい手触りのエラストマー笠木や
女性や高齢者に優しい笠木などもございますので
詳しくは三協アルミのカタログをご覧下さい。

エトランポUのカタログを見る
※三協アルミ エクステリア 総合カタログ2018-2019
に準拠しています。

階段リフォーム

階段とフロア部分の下地はコンクリート、
表面はモルタルで施工しています。
表面のモルタルは塗った後、硬化しないうちに
刷毛で凹凸をつける、『刷毛(はけ)引き仕上げ』で
仕上げています。
凹凸がつくことにより
滑りにくくなるメリットがあります。

リフォーム前にあった門袖は階段幅を広げる為に
撤去したため、照明やポストは歩行の妨げに
ならない場所へ移動しました。

照明は手摺りの反対側の壁の上部に設置し、
ポストは階段上に移動しました。
郵便物を取りに下まで降りずに済むので
お客様のご負担を減らすことができました。

ブロック塀&フェンス

 Before 
 After 

石垣上部のブロック塀も老朽化により、
ブロックとブロックの間に隙間があいていたり、
傾くなど、とても危険な状態でした。
古いブロックは全て撤去し、新たな化粧ブロックに
フェンスをつけるかたちで以前より高さを出し、
転落防止も兼ねた境界フェンスにしました。

商品詳細
化粧ブロック:ジャスティ (メーカー:ユニソン)
フェンス:スーパー速川1型 (メーカー:三協アルミ)


昨今、地震によるブロック塀の倒壊で死亡事故が起き、
改めてブロック塀の安全性が問われています。
ブロック塀は所有者の責任において管理することが
求められますので、この機会に、ご自宅の
ブロック塀が安全かどうか確認して頂きたいと思います。

弊社にはブロック塀診断士の資格保有者が
おりますので、お問い合わせいただければ
点検にお伺いし、安全性を診断させて頂きます。

また、ブロック塀診断士についてや、
ご自身でできる簡易的な『ブロック塀の安全点検表』を
エクスライフでもご紹介しておりますので、
是非ご活用ください。
<<ブロック塀診断士等に関する記事を見る
※エクスライフは三井商会が運営する、
エクステリア設計施工専門ショップのエクステリア専門ブランドです。

関連記事

  1. 埋込型LEDライト付 ウッドデッキとウッドフェンス
  2. 自然の風を通す和モダンな目隠しフェンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. 機能性とデザイン性を両立した開放感溢れるアプローチ
  1. スタンプコンクリートでアメリカ風住宅を可愛く!
PAGE TOP