U.スタイルⅡカーポートをテラス屋根としても活用した駐車場リフォーム 岡山市北区M様

岡山市にあるアパートの1階部分がご自宅のM様。
駐車場は住居者様用の駐車場の奥にあり、
入口が狭くお車を出し入れするが大変とのことで、
もっと使いやすい駐車場にリフォームしたいと
外構リフォームのご依頼を頂きました。

カーポート(U.スタイルⅡ)

 Before 
 After 

M様邸のリビングの掃き出し窓の前には
タイルテラスがあり、テラスの日除けには
オーニング使われていましたが古くなっているとのことで、
大きなカーポートを建物側に寄せて
カーポート兼テラス屋根として使えるデザインを
ご提案させていただきました。

まずは、既存のカーポートと
駐車場の入り口に設置された門扉+塀の
解体撤去を行い、間口を広げてから
カーポートの新設を行いました。

カーポートは、最大間口10mの規格がある
三協アルミU.スタイルⅡをセレクトしました。
大開口の10m(有効幅9918mm)のフレームは、
中間に柱が無いため駐車がスムーズに行えます。

今回は、テラスの屋根も兼ねていますが、
カーポートとしてのみ使用する場合は
4台の駐車が可能な大きさです。

U.スタイルⅡには、間口の広さ以外にも
デザインの自由度という特徴があり、
3つの基本構造(吊り下げタイプ、梁置きタイプ、
桁取り付けタイプ)に、屋根とフレームを
組み合わせることで、様々な住宅デザインに
対応することができます。

屋根の種類には、緩やかなアーチ型の
アール屋根と、シンプルですっきりとした
フラット屋根の2種類から選ぶことができます。

M様邸では、フレーム上に屋根を乗せた
梁置きタイプにアール屋根を組み合わせ、
建物と調和するアーバングレーのカラーで、
重厚感と一体感のあるカーポートを仕上げました。


三協アルミのカーポートの屋根材には、
テラスの屋根材にも使用されている
耐衝撃強度がガラスの250倍もある
ポリカーボネート板
が使用されています。

ポリカーボネート板は、人体に有害な
紫外線をほぼ100%カットしてくれるため、
テラスで過ごす際にも紫外線を気にせず
ゆっくりと過ごして頂けます。
また、紫外線をカットすることで
車内の日焼けも抑えることができます。

更に、M様邸では4種類ある屋根パネルの中から
暑さの原因となる赤外線の熱量を半減する
熱線遮断ポリカーボネート板に変更しており、
車内温度の上昇を抑える効果があるため
真夏の車内の暑さをグッと軽減してくれます。

商品詳細
カーポート:U.スタイルⅡ(両側支柱、梁置きタイプ、アール屋根、熱線遮断ポリカ)
カラー:アーバングレー
メーカー:三協アルミ

駐車場の床面は、既存の床を解体して
土間コンクリートを新設しました。
コンクリートは丈夫で長持ちな舗装材ですが
広い面積を舗装すると割れが発生するため、
伸縮目地材を入れて
コンクリートの割れを軽減しています。

ライティング(照明)


カーポートには、足元を照らしてくれる
タカショーのローボルトライト、
ミニフラットライト2型を6箇所に取り付け
夜間の安全性を確保しました。

ミニフラットライトは小型サイズなので
カーポートのフレームに埋め込むことができ、
見栄えもよく優しい柔らかい光で照らしてくれます。
光源には消費電力の少ないLEDが使用されており
低コストで
快適な空間をつくれる、
ライティングに最適な照明です。

商品詳細
ライト:ミニフラットライト2型
カラー:グレイッシュゴールド
電圧変換装置:ローボルトトランス
メーカー:タカショー

M様邸に設置させていただいた
U.スタイルⅡは2019年5月末日で
販売終了となりましたが、
U.スタイルⅡをリニューアルした
U.スタイルアゼストが3月より発売されています!

業界初となる間口12mのフレームや
デザイン性も一段とアップしていますので、
カーポートをご検討中の方は、
U.スタイルアゼストを是非チェックしてみて下さい。

U.スタイルアゼストのカタログを見る
※三協アルミ エクステリア 総合カタログ2019-2020
に準拠しています。
<<U.スタイルアゼストの価格についてはこちら

三井商会で施工させていただいた
UスタイルⅡのカーポート施工事例はこちら。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. テラスオプションで目かくし効果
  2. アンティークレンガで造る趣深い欧米風エクステリア
  3. ピンコロとバロンストーンで和風デザインアプローチ 瀬戸内市I様邸
  4. 中庭を駐車スペースに 道路との段差を解消
PAGE TOP