2台用カーポート カムフィエースワイドとヨド物置を新設 玉野市M様

車庫まわりのリフォーム工事を行なったM様邸では、
爽やかな白い2台用カーポートを新設しました。

 Before 
 After 

以前は縦列駐車で車2台を停めておられましたが、
リフォーム工事にて花壇スペースと既存テラスの一部を撤去。
間口方向に車2台を並列駐車できるカーポートを設置して、
使い勝手の良いお庭へと生まれ変わらせました。

車庫まわり

2台用カーポートを新たに設置するにあたり、
既存のテラスのままだとカーポートとぶつかってしまう為、
テラスの支柱や屋根を一部撤去して改良。

塀沿いに設けられた花壇スペースの植木等は全て撤去し、
カーポートの奥側(コンクリート舗装を行わない部分)は、
防草シート+砕石で防草工事を行いました。

カーポート下の土間は、ひび割れ軽減の目地を入れ、
玄関前のアプローチ部分もコンクリートで舗装。
最後に、砕石を目地に敷き詰めて仕上げました。

カーポート

カーポートは、三協アルミカムフィエースワイドを設置。
爽やかな白色で、圧迫感を感じにくい仕上がりです。

※三協アルミ 総合カタログ 2023-2024より引用

※三協アルミ 総合カタログ 2023-2024より引用

間口方向に2台駐車可能なカムフィエースワイドは
2台用カーポートの基本タイプで、
奥行連結タイプや奥行延長タイプなどタイプも充実。

奥行連結タイプは4台駐車が可能で、奥行延長タイプにすると、
車の奥に自転車やバイクなどを停めて駐輪場を兼用する事ができます。

また、1台用カーポートのカムフィエース、
3台用カーポートのカムフィエーストリプルもございますので、
所有しているお車の台数やご要望に応じて様々なご提案が可能です!

屋根パネルは、熱線遮断ポリカーボネート板(かすみ調)
通常のポリカと比べて暑さの原因となる赤外線の熱量を半減し、
車内温度の上昇を抑える効果があり、夏の暑さ対策に有効です。

熱線遮断ポリカーボネート板(かすみ調)の熱線カット率は約70%で、
熱量はしっかりと抑えつつ、屋根下を明るく保つ事ができます。

カムフィエースについて更に詳しくご覧になりたい方は、
三協アルミのカタログをご確認下さい。
カムフィエースのカタログを見る
※三協アルミ エクステリア 総合カタログ2023-2024に準拠しています。

 物置

 Before 
 After 

物置は、勝手口に近い西側のブロック塀前に設置。
収納としての役割はもちろん、視線を遮る事もできるので、
目隠しと収納の2つの役割で活用できます。


設置したのは、ヨドコウのヨド物置 エスモ
ヨド物置は耐久性に優れたガルバリウム鋼板仕様なので
安全に、安心して、長く使えるのが特徴です。

また、エスモは3枚扉で開口部が広く、
分割棚を自由に配置できるので使い勝手も抜群!
和洋どちらの住宅デザインにもマッチしやすいシンプルなデザインで、
木目柄を含む全5色からお選びいただけます。

エスモのカタログを見る
※YODOKO 2023エクステリア総合カタログ vol.3に準拠しています。

※YODOKO 2023エクステリア総合カタログ vol.3より引用

※YODOKO 2023エクステリア総合カタログ vol.3より引用

ヨドコウでは、「物置という防災。」をキャッチコピーに、
防災用品を屋外の物置に保管することを提案しています。
近年、地震や豪雨、台風などの自然災害が頻繁に起き、
災害グッズを準備されている方も多くいらっしゃると思います。
万が一が起こらないのが1番ではありますが、
いざという時の備えとして物置を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、ヨド物置以外にも様々な物置を取り扱っておりますので、
どのようなデザインがあるか気になる方は、
以下の記事も併せてお読みいただければと思います。
>>お庭にあると便利な「物置&収納庫」について
※リンク先のエクスライフは三井商会が運営する、
エクステリア設計施工専門ショップのエクステリア専門ブランドです。

関連記事

  1. カーポートの柱を利用し目かくしパネルに

 



お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
 


 

エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. 消石灰
  2. ゴロタ石(伊勢砂利 五郎太)
  3. 砕石 [Crushed Stone] 13〜20
  4. 丸マス用アジャスター
  5. 玉砂利(ジャミ
  1. 植栽した植木と目隠しフェンスでリラックスできる雑木のお庭

PAGE TOP