保存処理木材・エコアコールウッド

エコアコールウッドは、これまでの保存処理木材と比較して、非常に高い耐久性を持つ木材(国産杉材)です。

水の中という木材にとって非常に過酷な状況においても、エコアコールウッドは腐りにくく、フナクイムシによる被害も最小限に抑えることができることから、かの世界文化遺産「厳島神社」の補修工事にも採用されています。さらにエコアコールウッドは従来の保存処理木材とは全く異なり、エコアコールが木材注入後に高分子化され、腐朽菌による木材成分の分解を困難にし、木材そのものが腐りにくくなるという特徴をもっています。また、シロアリについても同様のメカニズムで分解困難なため、栄養源とならないことから、食害されないという特徴を持っています。雨風にさらされる環境下や、土の中など、これまで木材を使用したくてもできなかった場面でこそ、エコアコールウッドはその真価を発揮します。

三井商会は岡山県では数少ないエコアコールウッドの販売店です。
ウッドデッキを中心にエコアコールウッドを使用した施工実績も多数あり、常時サンプルも取り揃えて対応しています。

エコアコールウッドの詳細についてはこちら(九州木材工業株式会社様HP)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. 樹木とバラで飾る 賑やかローズガーデン
  2. 機能性とデザイン性を両立した開放感溢れるアプローチ
PAGE TOP