ピンコロとバロンストーンで和風デザインアプローチ 瀬戸内市I様邸

ピンコロとバロンストーンで和風デザインアプローチ 瀬戸内市I様邸
 Before 
外構、中庭全般のリフォーム工事をさせて頂きました。 300角のコンクリート平板が敷かれた土間は水はけが悪く、施主様が困っていました。

 After 
そこで土間のほとんどを解体撤去し、それに併せて外壁のブロックも一新しました。 勝手口のアプローチはサビ色のピンコロで縁取りをし、バロンストーンを施工しました。

 Before 
 After 

既存のコンクリートブロックを解体撤去して、新たに施工したのは東洋工業の小たたき750型という商品です。和風デザインにぴったり合い、高級感のある一品です。 正門に設置された両開きの引戸は、三協立山アルミのエクモア引戸2型という商品で、勝手口の門扉とおそろいです。

 Before 
 After 

関連記事

  1. 機能性とデザイン性を両立した開放感溢れるアプローチ
  2. 備前焼の手づくり表札で オリジナルの機能門柱 岡山市K様邸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. 目隠しフェンスでプライバシーを守る明るい庭
  1. 植栽した芝生をメンテナンス!子供が安全に遊べる中庭管理
PAGE TOP