スロープと手すりが付いて福祉住環境整備されたお庭 岡山市F様

 Before 
 After 

福祉住環境整備に伴うリフォームを行いました。
福祉の規定に沿った勾配にてスロープを施工し、
樹脂皮膜で握りやすいタイプの手すり(三協立山アルミ/エトランポ)を両サイドに設置しました。
上りと下り、どちらの場合でも利き手を選ばずに利用が可能で、
介助者の利用はもちろん、リハビリを兼ねて利用できるよう階段も設置しています。

スロープは介助用の車イスが十分に通行できる広さをとっており、
床面の仕上げはすべりにくいような仕上げにて施工し、
さらには視認性を高める為、アクセントとなるように色を変えた舗装材も加えています。

F様邸では、室内とお庭を繋げる広いウッドデッキと、
快適性の高いサンルームも施工させて頂きました。
ウッドデッキとサンルームの施工事例は、
以下のブログにてご紹介していますので、こちらも併せてお読み下さい。

F様邸 ウッドデッキ&サンルームの施工記事

関連記事

  1. 解体をせず現状を生かしたバロンストーン施工例 備前市K様邸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. ジェットセメント
  2. ハードウッド マニルカラ
  3. カラールーフィング
  4. ワンタッチ差筋アンカー
  5. サナモールド(剥離剤)
  1. テラス設置で利便性向上 限られた空間利用を最大限に
  2. ピンコロとバロンストーンで和風デザインアプローチ 瀬戸内市I様邸
PAGE TOP