庭木の剪定ごみがリース飾りに!簡単にできるクリスマスリース作り!!

今年のクリスマス、三井商会では新たな取り組みとしてクリスマスリースを作成してみました。

~用意するもの~
・土台となるツル(今回はカズラの枝を使います)

・ヒイラギの葉

・コニファーの葉

・ワイヤーorグルーガン

・まつぼっくり

・スプレーor絵の具

・装飾(星、ベル等)

カズラの枝やコニファー、ヒイラギの葉っぱ類はちょうど年末に行う剪定メンテナンスによって発生した
剪定ごみから備えられたもの達です。
どうせ処分されるような植木の剪定ごみもアイデアひとつで暮らしの中で活用する事ができますよ!

お庭に該当する植木が無い場合でも近所のお宅や裏山等で探してみると、
以外にもたくさんのアイテムを発見できるはずです!

まずは材料探しから始めてみてください!!

~作り方~
さて、材料が揃ったところで・・・
クリスマスリース作りのスタートです。

カズラと言う樹木で丸い土台を作り、
コニファーの葉を円に沿ってワイヤーで留めていきます。

ですが、ワイヤーが目立ってしまうのでグルーガンと言う
スティック状の樹脂を溶かして接着する道具で留めていくと綺麗に仕上がります。
百円均一でも販売されているので試してみて下さい。

まつぼっくりにも一工夫します!
スプレーで色をつけていきます。今回は赤、黄、白に塗ってみました。
絵の具でも色をつけることも出来ます。

まつぼっくりをワイヤーで留める場合、松かさに引っ掛けてカズラに固定します。

最後に星やベル、サンタさんの飾りなど装飾を行います。

オリジナルクリスマスリースの完成です!
 
 
作成した物は包装し、現在着工中のお客様にプレゼントさせて頂きました。

お家で簡単!ご家族やお友達と一緒に
クリスマスリースづくりに挑戦してみて下さい!!

また、来年の12月にはクリスマスリース教室を開催する予定でいますので、
是非お気軽にご参加下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

    お庭のお手入れ自動見積シミュレーション
エクステリア施工例 おすすめ商品
  1. エバーアートウッドフェンスと塗り塀 洋風スタイルの目隠しフェンス
PAGE TOP